2007年07月30日

静かになりました

こんにちはピンクです
※先週投稿したんですが、なぜか消えてますね…

朝から帰宅するまでスピーカーの騒音に悩まされていましたが、やっと静かになり、マスコミが予想したような結果になり、立て看板だけが選挙があったことを物語っています。ほんと、うちのまわりうるさかったんですよ。某党首だけうかった政党などが最終演説地に選んだおかげで、取材のひととかがうろつきまくりで、ここ意外と都会なんだなと思った次第です。

 毎回おもうのですが、演説カーで名前を連呼したことによって投票することを決めるひとっているんでしょうか?それによって興味をもってもらい、政策なりをみてもらうって導入としては理解できるのですが、私みたいに選挙カーで馬鹿でかい音をだされると、それだけでいれたくなくなる小市民も多いと思うので、あんまりプラスだとは思わないんですけど。
 でも、前になんかのデータでみましたが、なにも決めずに投票所に行ったときにとりあえず知っている人に投票するって人は何割かいてそれなりに効果を発揮してるっていうのをみたとき、結構フィーリングで世の中決まっちゃうのかなって思ったのでした。

追伸:最高裁判所の裁判所の信任投票を衆議院選挙の際に行いますが、一番右側の人が一番否認の票が多いです。みんなわからないから何か×をつけようとして一番右の人を選ぶそうな。だから最高裁判所の人たちは右側の欄になるのが嫌だそうです。
posted by レッド at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | ピンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、会社の前で2,3議席しか獲れなかった某野党がありがとうざいました的な挨拶をしていましたが、時間帯的に夕方でえらい迷惑だったなぁ・・・選挙終わって悪印象残すのもどうかと思ったり(あの政党には間違っても入れないと思った・・・まぁ元々入れる気はないけど(笑))そもそも挨拶してるのが本人じゃない時点でどうかと思ったり。。。

最高裁の話は聞いたことあります。とりあえず皆、端からダーッと○つけるけど最後に一つくらい×つけとかないと悪いって言う心理が働いて…ってことらしいですね(笑)
Posted by レッド at 2007年07月31日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49772482

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。