2006年10月28日

La Divina Commedia

『神曲』 Dante Alighieri 訳:平川祐弘

 ダンテですね。長いですね。途中2ヶ月ぐらい読んでませんでした。人名が殆ど分かりません。神話の登場人物は分かる人も結構いますが、当時の教皇とその取り巻きの名前とか絶対分かんねぇ。
 地獄篇を読みながら悔恨の涙を流したりしました。
 地獄の刑罰考えてる時、作者楽しかったやろな。

 まぁそのへんは冗談としておいても、あの、異教の神々が現代まで生き残れたのは何故なんですかね。勉強せねばねぇ。
posted by レッド at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26308481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。