2006年10月21日

sk

こんばんは。昼間あなたが見てしまった雪女です。入れてください。
はいはい。
よかったら一緒に住まわせてください。
それはまたどうして。
ただ何となく。お願い。
いいよ。
そのまま二人は暮らし始め、平和なときが何年も流れ、ある日「ねえ、あなた」
何だよ。
今日は寒いわね。
そうか? そうでもないぞ。
こんな日は、出そうね。
何が?
知ってるくせに。
何だよ。
雪の中に立つ女の人。
ああ雪女か。
とうとう言ったわね。
あ、そう。
どうして驚かないの!?
だって、入ってくるとき、雪女ですけどって言ったじゃないか。
うそ。
うそじゃないよ。
そう、そんなささいなミスをしていたのね。
ささいじゃないよ。致命的だよ。
posted by レッド at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | グリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっ小噺かよ(笑)
Posted by レッド at 2006年10月22日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。