2006年09月09日

attention anus

およそポリシーというものを持たず、意識の低〜い暮らしをしている私にもただ1つだけ自ら恃むる所がありまして、それは、「なるべく人をレッテルで判断しない」というシンプルなものなのですが、

やはりと言うべきか、こういう陳腐単純なものを実践するのは思うほど簡単ではなく、何だかんだ言って「外見」「学歴」「経歴」その他のレッテルからある程度の事柄を合理的に判断しうる場合も確実にあるとは思うんだけど、その辺を積極的に認めてしまうと何か極めて重要なsenceが自分の中でゆっくりと後退していくように思われて、

くそっ。難しいぜ。どうしても先入見が入り込む。ありのままに受け取ることが出来ない。のだ。

今日の昼、私が反射的に感じてしまったあの穢さは、自分を裏切りまくっているという点において屈辱的ですらある。今日は、反省しよう。
posted by レッド at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。