2006年08月26日

FUNK LOVE

どうでもいいんだけど、自分がどうでもいいと思って普通に行った事を他人に後で非常識呼ばわりされたりどうこう言われたりすると何だかどういう反応を示して良いんだか全く分からない。
悪い事したつもりはなくて何度思い返しても自分だけの非じゃ無いのに何でそんな事言われなきゃならんのだろうという事に驚いてしまってただ曖昧に笑うしかなくなる、という事を数度経て、そうやって真意を知ろうともせず他人を断定して過ごしてしまった事がどれだけ有っただろうか、等と思ってみたりするのだが、所詮私は自分の非力さを呪うでもなく、ただ「私」を断定した人々を軽蔑して楽しんでいるに過ぎないとも思う。
相互関係。
そうして卑小な小競り合いを日々繰り返す楽しさと馬鹿らしさには勝てません。
posted by レッド at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22863682

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。