2006年06月08日

W杯は楽しんだもん勝ち

3戦3敗。

W杯ドイツ大会の日本代表の戦績をこのように予想する人も多いだろう。

サッカーを観はじめて13年になる。Jリーグの開幕前から興味を持ち、ドーハの悲劇はリアルタイムで味わった。W杯は94年大会からじっくりテレビ観戦している。そんな私の目からみても、決勝トーナメントに進む可能性が高いとは言い難い。

ブラジルが頭ひとつ抜けているだけで、ほかはどこが勝ち抜いてもおかしくない。全く予想ができないと私は思っているし、予想外の展開が起き、日本とクロアチアが決勝トーナメントに進むことだってわずかながらもあり得るとさえ考えている。それだけ、各国の戦力が拮抗している。

ただ、それを差し引いても、日本には他国以上に悲観論者が多いような気がする。身の程を知っており、己の弱点を見つけることにたけ、改善を心掛けてきた歴史を持つ民族なだけに、サッカーを知る人ほど、代表への評価は手厳しい。それが日本のよいところでもあり、10数年という短期間で日本代表が信じられないほど強くなった要因のひとつでもあると思う。ただ、せっかくの4年に1度の祭典。負けたらショックが大きいかもしれないが、勝つと信じておもいっきり応援すればいいじゃない。負けても酒をガンガン飲めばいい気分になるさ。

W杯はすべての試合が面白い。どの試合も、それぞれの国のスター選手がサッカー人生を懸けて相手国と戦う。時には悪質なファウルをし、いい年をした大人同士が本気で熱くなる。ゴールを決めれば子どものように嬉しがる。熱い。とにかく熱い。だが、それがいい。そんな瞬間を観られるなんて、幸せだ。

だからこそ思う。ワールドカップは楽しんで観たやつが勝ちだ。

開幕は明日。これはもう、観るしかない。睡眠時間を削ってできるだけ多くの試合を観ようと思う。できれば仕事を早めに切り上げ、近所の居酒屋の大型スクリーンで観たいところ。ブラジル戦は4時からなので、確実にその店で観る予定。

日本。がんばれ。
posted by レッド at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。